デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
墨家の活躍を描いた傑作漫画、酒見賢一・森秀樹『墨攻』が映画化。主演はアンディ・ラウ
20061010
はずかしながら『墨攻』が映画化されるとは、全然知らなかったです。

【中華芸能】劉徳華主演『墨攻』11月公開前に北京で記者会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061009-00000007-scn-ent
「劉徳華(アンディ・ラウ、=写真右から2人目)、範冰冰(ファン・ビンビン、=同右から3人目)、呉奇隆(ニッキー・ウー、=同左から2人目)と韓国のアイドルグループ「Super Junior」のメンバー、チェ・シウォン(=同左から3人目)が共演した中国、韓国、日本合作の歴史アクション映画『墨攻』の記者会見が7日、北京で行われ、出演者と張之亮(ジェイコブ・チャン、=同中央)監督らが登場した。」

『墨攻』は、紀元前の中国が舞台。自ら戦争をしかけることを否定し、防衛戦争のみを行う墨家の男の活躍を描いた作品。
革離(かくり)役はアンディ・ラウです。
この作品、はじめは酒見賢一氏の小説が先。なんかこのニュースの記事だと、酒見氏の名前すら出てないですが。たぶん漫画が中国側でも翻訳されて出るのが先だったのでしょう。アンディ・ラウも読んでたようです。「いつか映画にしたいと思って狙っていた作品。最終的に映画化の権利がチャン監督に渡ってしまって残念だった!」と言ってます。

これは見て見たい。

>墨家
戦国時代、墨子の思想を奉じた学派で、儒家とならぶほどの影響力を持った。諸子百家の一つ。墨子は人間に対する平等な愛である「兼愛」を説き、「非攻」という非戦論にまで発展させた。墨家は強固な学団を形成し、小国の防衛など軍事的にも活躍したが、秦の天下統一とともに歴史から姿を消した。
(『角川 世界史辞典』P869より抜粋。)


ついでに。
>カリオストロの城生産終了
DVD「ルパン三世 カリオストロの城」 生産終了ぽい(アキバblog)
http://www.akibablog.net/archives/2006/10/dvd_19.html

ちょっと買いそうになりましたが、どうせ次の方式のメディアで出るんだろ、とか思ってやめました。


参照サイト
墨家公式
http://www.bokkou.jp/
墨攻
http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/bokukou.htm
まるおの漫画生活
http://blog.livedoor.jp/route246gt/archives/50324074.html

関連記事
墨家の男が城を守りにやってきた。ジェイコブ・チャン監督『墨攻』映画版。残念ながらのガッカリ映画
http://xwablog.exblog.jp/9677486
[PR]
by xwablog | 2006-10-10 18:35 | 史劇
<< 銃撃戦の理由としては充分だった... 囲われた街はカッコイイ! 『旅... >>