デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
鞍馬寺を下りた遮那王は、京で母親と偶然再会し・・・。北崎拓『ますらお 秘本義経記』第2巻
この前大船までは行ったけど、鎌倉は行き損ねたことで、なんか行きたい感が高まってます。三月か五月に、鎌倉に行ってみたいと思ってるんですが、花粉症が辛いですね。今の時期の平日なら観光客(とくに学生)も少ないんじゃないかと思うので、今の内に行きたいのですが。

それはともかく。

北崎拓『ますらお 秘本義経記』第2巻

『ますらお 秘本義経記』第2巻

(北崎拓。小学館。少年サンデーコミックススペシャル。1994年。500円)
「1174年。鞍馬寺から平維盛とともに天狗探しに出た遮那王(牛若丸)は、山賊に捕まった子供たちを助けようとひとつ策をめぐらす。そして、なんとか山賊たちをやっつけることができた。その少女の中のひとり、『しずか』は山を下りようとする遮那王についてくるのだった。しかし、そんな二人を逃げた山賊たちが再び襲い・・・」

この前『北条時宗』読んで鎌倉関連で、と思ってこれを発掘。そういや同じ作者の『さくらんぼシンドローム』の方は無事完結しましたね。もうちょっと引っ張るかと思ったけど。

この巻で牛若丸は自分が藤原氏ではなく、源氏の直系の子供であることを知ります。そして、山で知り合った平氏打倒を目指す謎の老人、山賊の三郎、鞍馬寺を出た常陸坊、とともに活動することになります。京都で老人から手ほどきをうける遮那王は、街中で「かむろ」にからまれ問題を起こす中、偶然長く別れたままだった自分の母親に出会います。
孤児のしずかは維盛のところに残ることになりますが、今後どうなるんでしょうね〜。

この作品、「週刊少年サンデー」で連載された作品ですが、このネタなら「ヤングサンデー」でもよかったような。もうちょい大人向けな内容にしないと、ですけど。現在は新装の小学館漫画文庫版が出ています。

そういや、鎌倉時代とかあのあたりをネタにしたゲームってありましたっけ? 『源平討魔伝』以外で(鎌倉モノちがう
いや、なんか「信長の野望」とかみたいなシミュレーションゲームは作りづらかろうかと。

参照サイト
小学館 コミック
http://comics.shogakukan.co.jp/

関連記事
古代におけるエミシという呼称の使われ方の解説とそれがどういった人々かを検証。工藤雅樹『蝦夷の古代史』
http://xwablog.exblog.jp/7921152
なんで江戸に幕府が出来たのかに答える。岡野友彦『家康はなぜ江戸を選んだか』(江戸東京ライブラリー9)
http://xwablog.exblog.jp/8401258
少年たちが内戦下の日本で東京を目指す。北崎拓&工藤かずや『望郷戦士 ティアフルソルジャー』全7巻
http://xwablog.exblog.jp/9917896

あれ? 「ますらお」の第1巻って記事にしてませんでしたっけ? 無い。
[PR]
by xwablog | 2009-03-05 23:37 | 史劇
<< 大包囲網の要地たる比叡山を落と... 美味しい鶏・名古屋コーチンをは... >>