デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
近現代史メインのポーランドの通史の本。山本俊朗&井上敏夫『ポーランド民族の歴史』
今年こそは。そう言い続けて随分経ちますが、今年こそ本当に今年こそはという年になりますように。
いろいろやること多いですが、とにかく邁進しないと。多くのものを切り捨てつつ、やるべきことをやる。そうしないと何か言うことすらできないですから。
同人誌もな。もうやりますよ。てか、今からやらんと間に合わない。

それはともかく。

ポーランド民族の歴史_三省堂選書

『ポーランド民族の歴史』

(山本俊朗&井上敏夫。三省堂。三省堂選書75。1980年。950円。216ページ)
プロローグ
1 繁栄と衰退
2 再生途上の滅亡
3 ナポレオンとともに
4 戦うポーランド人
5 民族性維持の闘い
6 第二共和制ポーランド
7 未曾有の試練の下で
8 現代のポーランド
エピローグ
主要参考文献
あとがき

ポーランドの通史。だけど、中世史とかはかなり端折られてます。なにせ1章のとこで、建国からワールシュタットまでが1ページだけで書かれてますし、ヤゲロー朝はじまるまでで3ページしか使ってない。つまりピャスト朝の部分は4ページだけという感じです。もうちょいページ裂いてほしかったかも。ページ裂いてるのは近代以降のとこですね。
山本俊朗氏は『ポーランド社会表』とかクセジュ文庫の『ポーランド史』『チェコスロヴァキア史』『ユーゴスラヴィア史』、あと『ゲルマンとスラヴ』などの翻訳をしている人です。

この本、ネットで買ったら、裏表紙が折れてるのが届きました。まあ、問題無いのですが。
ネットでの買い物は中古の場合が多いのですが、失敗は我慢するという前提で買ってるので、ショボーンとなるけどもうしょうがない。タイトルに騙された本とかいろいろ。


参照サイト
三省堂
http://www.books-sanseido.co.jp/

関連記事
ポーランドが国として出したポーランドの概説書みたいな本。『ポーランドの国と人々』
http://xwablog.exblog.jp/10174748/
25人のポーランド人の文化的業績を紹介する一冊。土谷直人『ポーランド文化史ノート』
http://xwablog.exblog.jp/10169061/
ポーランド史の本といったらほぼコレ! ステファン・キェニェーヴィチ/編『ポーランド史』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/9860880
ポーランドに関する記事だけで作られた本『ポロニカ(POLONICA)ポーランド文化の現在・過去・未来』創刊号
http://xwablog.exblog.jp/9878377/
[PR]
by xwablog | 2009-01-12 05:58 | 書庫
<< グダグダになった首都圏の解放区... ポーランドが国として出したポー... >>