デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
ショボい超能力を持った大学生が不思議な古い一族の謎に巻き込まれる。岩明均『七夕の国』全4巻
ども。馬頭です。
昨日か今日に『アラトリステ』を観に行こうかと思っていたのですが、いろいろあって挫折。もういっその事、DVD出るのを待とうかと。『レッドクリフ』もどうしようかな。

それはともかく。
先ほど、これをまとめ読みしました。休み中にまとめ読みできたのあんまりなかったですね。これの他に『パンプキンシザーズ』『空談師』『信長』『機動旅団八福神』とかそんな程度。前半がコミケで丸々潰れたからなぁ。

七夕の国01_岩明均

『七夕の国』第1巻

(岩明均。小学館。ビッグコミックス。1997年。510円。207ページ)
「物に穴を開ける不思議な力を持つ、ナン丸こと南丸洋二は、自分の大学で超能力に関するサークルを主催していたが、茫洋とした人生には何の役にもたっていなかった。しかし、ある日同じ大学の丸神教授のゼミを訪れたことで、自分と丸神教授の先祖に関わる不可思議な事件に巻き込まれていく。行方不明の教授を追って、丸神の里を訪れた一行は、そこで謎の祭りを見ることになり・・・」

『ヒストリエ』『寄生獣』の岩明均氏が『スピリッツ』で連載した超能力・宇宙人ものの漫画。全四巻。
小さな穴しかあけられないショボい超能力者の青年が、不思議な力を持つ一族と代々住んでいた里に関わる事件に巻き込まれていきます。
岩明氏が好きな歴史話を絡めて話を作ってますが、そこらへんはメインじゃないです。話の方向性としては後半『寄生獣』に似てきてしまった感じで、終わり方も一応上手くまとめたけど、ちょっと解りにくかったし盛り上がりに少し欠ける感じでした。他のシリーズに比べるとちょっとパっとしませんが、これはこれでいいのでは。
一応、「完全版」というのでも出てます。

ちなみに『ヒストリエ』の最新5巻は、二月ころ発売のようです。あと『ヴィンランドサガ』の7巻もね。

参照サイト
小学館 コミック -ビッグコミックスピリッツ~SPINET-
http://spi-net.jp/

関連記事
エウメネスのはじめての戦い。パフラゴニア編完結。岩明均『ヒストリエ』第4巻
http://xwablog.exblog.jp/7280445
宇宙人とヴァイキングが手を組んでドラゴン退治!。映画「Outlander(アウトランダー)」が出来たとか
http://xwablog.exblog.jp/9140920
目録を狙う裏切り者からの逃避行と壮絶な戦い。伊藤悠『面影丸(おもかげまる)』
http://xwablog.exblog.jp/7913657
[PR]
by xwablog | 2009-01-04 00:27 | 史劇
<< 試し合戦にて奮迅する仙石秀久に... 細密な池上絵と重厚な工藤話の描... >>