デジタル・クワルナフ
  管理人・馬頭(xwablog)。トップページのアドレスはhttp://www.toride.com/~digxwa/
トップ
罪人の印を持つ天才軍師・孫臏の活躍を描く。星野浩字『臏 孫子異伝(びん そんしいでん)』第1巻
あけましておめでとうございます。2009年もよろしくお願いいたします。
そういや、この前、サイトのカウンタが66666になりましたね。相変わらずカウントのペースは一日20〜40程度ですが、もうちょっと記事を充実させて100を越えるようがんばりたいと思います。まあ、五年やって変わらずじまいなんでそうそうなるとは思いませんが、新年なんで大きい目標言ってみました。

元旦は部屋の掃除をと思っていますが、よく考えたら、冬休み中だからゴミ屋こないし、本とか雑誌とか処分できないですね。たまった漫画やら小説やらでも読むかな。そういや、冬休み中に『Pumpkin Scissors(パンプキンシザーズ)』を既刊全部読み直そうと思って買ってたんですが、なぜか最新の10巻だけがどこにも売ってなくて結局昨日は手に入らなかったです。品薄?

それはともかく、新年一発目はこんな漫画でも。
最近思います。やっぱ中国史は面白いなぁ、と。

臏 孫子異伝第1巻_星野浩宇

『臏 孫子異伝(びん そんしいでん)』第1巻

(星野浩字。集英社。ジャンプコミックスデラックス。2008年。514円)
「紀元前360年の中国東方の国・斉。ある日、荒廃した鯨漁の漁村にひとりの男が流れ着く。顔に入墨をし、膝の骨を抜かれるという罪人の印を持つ男・臏(びん)。無力なはずの不具者の臏は、村を襲い家族を殺した水賊に立ち向かおうとする子供たちに手助けを申し出るのだが・・・」

孫子、というと普通は呉の国で活躍し『孫子』を書いた孫武のことですが、もうひとり孫子と呼ばれた人がいまして、それがこの漫画の主人公で、孫子の子孫であるという紀元前四世紀の斉の国の軍師・孫臏(そんびん。そんぴん)のことです。「臏」とは、身体刑のひとつで、足を切ってしまう刑罰のことだそうです。漫画の中では脚の膝を駄目にするだけで、補助器具をつかって立ち上がれます。さすがに脚の無い主人公はウケないと思ったのでしょうか・・・。
彼には「鯨」という刑罰のせいで顔に入墨も入ってるのですが、当時の混乱する中国では徹底した能力主義がこんな臏の仕官への道を開きます。斉の国に雇われてからの活躍を描きますが、なんか1巻から北の騎馬民族「狄」がやってきて大変なことになりそうです。その狄の側の少女がヒロイン?
少年漫画的な作品でとても楽しめました。2巻がそろそろ出るはずですよ。

ちなみにここで第一話の試し読みが出来ます。
http://www.s-manga.net/comics/om_sj_jcd_bin.html

あー、脚といえば、昨日コケた時にぶつけた脚がまだ痛いです。メガネは直しましたが。
なんか、メガネは今付けてるのひとつしかまともなの持ってないのですが、予備にもうひとつ買おうかと思ったものの、昨日はお金が足りなくて買えずじまい。次の給料日までまって買おうかな。

参照サイト
スーパージャンプ
http://sj.shueisha.co.jp/
孫ピン(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E3%83%94%E3%83%B3

関連記事
呉国にやってきた孫武が登用されるまでの話。ももなり高『孫子』第1巻 孫武の巻
http://xwablog.exblog.jp/10103428/
いつも劉備の敵役にされていた曹操を主人公にした漫画。大西巷一『曹操孟徳正伝』第1巻
http://xwablog.exblog.jp/10006115
墨家の男が城を守りにやってきた。ジェイコブ・チャン監督『墨攻』映画版。残念ながらのガッカリ映画
http://xwablog.exblog.jp/9677486
[PR]
by xwablog | 2009-01-01 00:53 | 史劇
<< ガザ地区空爆、海賊討伐派遣、ア... グルンヴァルトの戦いのゲームも... >>